手すき和紙製造・販売 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜は細川紙はじめ 水墨画 半紙 絵手紙用紙 民芸紙などの和紙を 製造・販売している和紙工房です。


トップページ会社概要和紙づくりに対する方針特定商取引法に基づく表示お問い合わせアクセスリンクサイトマップ

紙すきの村について

■本工房
■ギャラリー
■有機野菜販売所
■イベント情報

和紙作りを見学する

■一般の方へ
■団体の方へ
■社会科見学

和紙作りを体験する

■一般体験
■1日体験

和紙を購入する

■直営売店「紙すきの村」
■和紙製品の製造情報

和紙について

■和紙のできるまで
■小川和紙の歴史
■重要無形文化財「細川紙」
■コラム
■資料

和紙を使う

■和紙を使った展示会
■和紙施工例
 
川和紙販売
紙すきの村
 各種和紙の購入が出来ます。
川和紙活性化委員会
 小川和紙の伝統を守りつつ、利用者とつながる和紙づくりを目指しています。
30世紀につながる
小川まちづくり委員会
 「1000年以上持つ」とされる伝統製法の和紙づくりと、その製法が出来る環境を後世に残すための活動をしています。
季紙プロジェクト
化学薬品不使用の和紙をはじめ、穏やかな暮らしのための素材としての和紙を作り、提案しています。
 
  小川和紙の歴史
               
発祥 産地形成 洋紙との競合

技術の進化
戦時期 衰退と文化的
価値の見直し
小川和紙の
現在
   

6.小川和紙の現在

 高度経済成長期からバブル期にかけて、観光を主体とした体験・直売の経営方式で和紙業界は一時の活況を取り戻したかのように見えました。
 しかし、需要の減少という根本的な問題は解消されず、紙屋の減少が止まることはありませんでした。

 この頃より伝統産業を継承する若手後継者の問題が叫ばれるようになりましたが、その実態は収入の見通しが立たないことや道具・設備の老朽化により後継者を育てられないこと も一因となっています。

 さらに近年では安価な外国製の「和紙」が大量に流通し、手漉き和紙のみならず機械製紙業にも影響を与えています。
 また、国内に目を向けると、高知や茨城の楮生産農家も減少しており、良質な原料の確保も今後の課題となっています。

 とはいえ、代用の効かない場面での和紙の必要性や、和紙の魅力を新たに見出した人々の需要もあり、各紙屋では、様々な原料と技術により、使い手にとってより使いやすく、より安心できる和紙をお届けしています。

 

 

 当サイトは手すき和紙の製造・販売を行っている「有限会社久保製紙 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房」のサイトです。
サイト内にある記事・映像・写真の無断転載はお断りしております。
Copyright (C) 2008 有限会社久保製紙. All Rights Reserved

 
inserted by FC2 system