手すき和紙製造・販売 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜は細川紙はじめ 水墨画 半紙 絵手紙用紙 民芸紙などの和紙を 製造・販売している和紙工房です。


トップページ会社概要和紙づくりに対する方針特定商取引法に基づく表示お問い合わせアクセスリンクサイトマップ

紙すきの村について

■本工房
■ギャラリー
■有機野菜販売所
■イベント情報

和紙作りを見学する

■一般の方へ
■団体の方へ
■社会科見学

和紙作りを体験する

■一般体験
■1日体験

和紙を購入する

■直営売店「紙すきの村」
■和紙製品の製造情報

和紙について

■和紙のできるまで
■小川和紙の歴史
■重要無形文化財「細川紙」
■コラム
■資料

和紙を使う

■和紙を使った展示会
■和紙施工例
 
川和紙販売
紙すきの村
 各種和紙の購入が出来ます。
川和紙活性化委員会
 小川和紙の伝統を守りつつ、利用者とつながる和紙づくりを目指しています。
30世紀につながる
小川まちづくり委員会
 「1000年以上持つ」とされる伝統製法の和紙づくりと、その製法が出来る環境を後世に残すための活動をしています。
季紙プロジェクト
化学薬品不使用の和紙をはじめ、穏やかな暮らしのための素材としての和紙を作り、提案しています。
 
  小川和紙の歴史
               
発祥 産地形成 洋紙との競合

技術の進化
戦時 衰退と文化的
価値の見直し
小川和紙の
現在
   

5.衰退と文化的価値の見直し

 日本の敗戦後、GHQの統制組合制が廃止され、戦時下の「手漉和紙統制組合」は解散し「小川和紙工業共同組合」が新たに発足しました。

 戦後、昭和20年代から30年代にかけ、新興の機械抄き和紙の登場や洋紙の普及、生活の変化による和紙そのものの需要激減が顕著になり、手漉き和紙の生産者は激減していきました。

 さらに昭和30年代には、
地元周辺(群馬・秩父)での楮の生産が無くなり、原料の入荷ができなくなるという事態になりました。
 その結果、高知や茨城から原料を仕入れることになり、「カズかしき」、「カズひき」というそれまで小川町 とその近郊で行われていた
原料処理をする光景が失われました。

 
うした中で、伝統的な和紙作りへの回帰する運動が始まり、昭和42年、地域の中の手すき技術者が、「細川紙技術者協会」を設立します。
 同協会は伝統的技術に基づく和紙の宣伝、普及、技術保存につとめ、昭和44年には「細川紙」が小川町文化財指定、2年後の昭和46年には埼玉県文化財指定されることになります。

 さらに昭和53年4月、「細川紙」は国の重要無形文化財に、同協会が重要無形文化財技術保持団体に認定されました。

 

 

 当サイトは手すき和紙の製造・販売を行っている「有限会社久保製紙 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房」のサイトです。
サイト内にある記事・映像・写真の無断転載はお断りしております。
Copyright (C) 2008 有限会社久保製紙. All Rights Reserved

 
inserted by FC2 system