手すき和紙製造・販売 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜は細川紙はじめ 水墨画 半紙 絵手紙用紙 民芸紙などの和紙を 製造・販売している和紙工房です。


トップページ会社概要和紙づくりに対する方針特定商取引法に基づく表示お問い合わせアクセスリンクサイトマップ

紙すきの村について

■本工房
■ギャラリー
■有機野菜販売所
■イベント情報

和紙作りを見学する

■一般の方へ
■団体の方へ
■社会科見学

和紙作りを体験する

■一般体験
■1日体験

和紙を購入する

■直営売店「紙すきの村」
■和紙製品の製造情報

和紙について

■和紙のできるまで
■小川和紙の歴史
■重要無形文化財「細川紙」
■コラム
■資料

和紙を使う

■和紙を使った展示会
■和紙施工例
 
川和紙販売
紙すきの村
 各種和紙の購入が出来ます。
川和紙活性化委員会
 小川和紙の伝統を守りつつ、利用者とつながる和紙づくりを目指しています。
30世紀につながる
小川まちづくり委員会
 「1000年以上持つ」とされる伝統製法の和紙づくりと、その製法が出来る環境を後世に残すための活動をしています。
季紙プロジェクト
化学薬品不使用の和紙をはじめ、穏やかな暮らしのための素材としての和紙を作り、提案しています。
 
  和紙作り体験のご案内(一日体験コース)

 6、7、8月について、行政関連事業および和紙業界関連事業が多数予定されているため、一般体験、1日体験ともに受け入れを休止させて頂きます。

1日体験は紙すきの一連の作業を実習するコースです。
 和紙作りの基礎から目的に合わせた内容での体験ができます。また、お客様の都合に合わせ、時間を短縮して実施することも可能です。
 

体験内容
  原料作り(煮熟→楮叩き)から紙漉き、紙干しまでの一連の和紙作りの工程。
*お客様の目的に応じて内容を随時変更します。
費用
  1〜2名 15000円 以後1名ごとに3000円追加
*基本内容からの変更に併せて金額も替わりますので、ご相談下さい。
受入可能人数
  1名〜6名程度まで
用意するもの
  ・作業しやすい服装
・タオル
・昼食/飲み物
当日の流れ(変更無しの基本内容の場合)
 
時間 内容 備考
9:00 開始・オリエンテーション 当日の内容についての説明
9:10 煮熟 国産楮/ソーダ灰煮熟
9:30 紙すき(練習) タイ産楮(こちらで予め用意してあるもの)
10:30 紙干し(練習) 天日乾燥(雨天時は鉄板乾燥)
11:00 ちりとり 当日煮た原料
12:00 昼食 各自でご用意下さい
13:00 打解・叩解 打解:機械打ち/叩解:手打ち
13:30 紙すき 当日煮た原料
14:30 紙干し 天日乾燥(雨天時は鉄板乾燥)
15:30 質疑応答・工房案内 お茶休みを含む
16:00 干しあがり・終了  
内容の組み換えについて
   当工房における1日体験コースはお客さまのニーズに合わせて内容を組み替えることが可能です。申し込みの際にお気軽にお尋ね下さい。
 

体験のお申し込みはお問い合わせからお願いします。

 

 

 当サイトは手すき和紙の製造・販売を行っている「有限会社久保製紙 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房」のサイトです。
サイト内にある記事・映像・写真の無断転載はお断りしております。
Copyright (C) 2008 有限会社久保製紙. All Rights Reserved

 
inserted by FC2 system