手すき和紙製造・販売 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜は細川紙はじめ 水墨画 半紙 絵手紙用紙 民芸紙などの和紙を 製造・販売している和紙工房です。


トップページ会社概要和紙づくりに対する方針特定商取引法に基づく表示お問い合わせアクセスリンクサイトマップ

紙すきの村について

■本工房
■ギャラリー
■有機野菜販売所
■イベント情報

和紙作りを見学する

■一般の方へ
■団体の方へ
■社会科見学

和紙作りを体験する

■一般体験
■1日体験

和紙を購入する

■直営売店「紙すきの村」
■和紙製品の製造情報

和紙について

■和紙のできるまで
■小川和紙の歴史
■重要無形文化財「細川紙」
■コラム
■資料

和紙を使う

■和紙を使った展示会
■和紙施工例
 
川和紙販売
紙すきの村
 各種和紙の購入が出来ます。
川和紙活性化委員会
 小川和紙の伝統を守りつつ、利用者とつながる和紙づくりを目指しています。
30世紀につながる
小川まちづくり委員会
 「1000年以上持つ」とされる伝統製法の和紙づくりと、その製法が出来る環境を後世に残すための活動をしています。
季紙プロジェクト
化学薬品不使用の和紙をはじめ、穏やかな暮らしのための素材としての和紙を作り、提案しています。
 
  秩父山系の自然と
人々の暮らす関東平野の境界線に位置する
武蔵の小京都小川町。

酒、絹、建具、そして和紙。

小川町は自然からの恵みを、
暮らしの中に取り入れるための
「ものづくり」の地。

職人たちの里でした。

紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜は
大正2年、手すき和紙の工房として
創業しました。


創業以来、当工房はその時代で
必要とされる和紙を作り続けて来ました。
  新着情報

【おねがい】
 現在、ご依頼が重なっており、ご注文頂いている製品の製造に支障をきたす恐れがあるため、新規の取材・実演等はお受けできません。
 また、写真素材等の提供については、当方の和紙を取り扱って頂いている方へのみ提供させて頂いております。取材等含め、それ以外の方については、行政関係(小川町教育委員会等)へお問い合わせ下さい。

 また、細川紙を使った製品の共同開発等に関するご提案は、お受けしておりません。

 ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【体験の受け入れについて】
 詳しくはこちらをご覧ください。

【『和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術』登録勧告について 】
 詳しくはこちらをご覧ください。

【施工例紹介】
 アトリエヌック様設計 柿渋染め和紙使用の住宅を掲載しました。
 詳しくは施工例をご覧ください。

 

 

 

 当サイトは手すき和紙の製造・販売を行っている「有限会社久保製紙 紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房」のサイトです。
サイト内にある記事・映像・写真の無断転載はお断りしております。
Copyright (C) 2008 有限会社久保製紙. All Rights Reserved

 
inserted by FC2 system